リサイクルトナーとは節約に最適な大きな味方

プリンター

使用の際は割り切りが重要

大切な品質に関する知識

印刷

リサイクルトナーは使用済の純正品のトナーを必要に応じた部品交換とトナーの充填によってリサイクルさせた商品です。しかし、完全に純正品と同じ品質を保てるものではありませんし、リサイクルトナーの間でも品質に違いが有る場合もあります。 純正品との違いは不具合の発生率が純正品の2倍程度高い事と、黒以外の色の再現性が純正品よりも低いことです。 そしてリサイクルトナーの間でも特にあまりに安すぎる商品などは海外で再生されていたり、必要な部品の交換を行わず、トナーを充填しただけの場合などがありますので、注意が必要です。 リサイクルトナーを利用する際はこうした品質に関する知識を持った上で購入する店舗や商品を決めることが大切です。

純正品より大幅に安い価格

リサイクルトナーの魅力は純正品よりも大幅に安い購入価格です。しかし全との品質の問題もあり、安かろう悪かろうといった評判も少なくありません。ですので、リサイクルトナーを購入する時、特にWEB上で購入する時は、一定の割合で不具合が起こる商品であることを踏まえた上で、保障内容や、不具合が生じた際に電話で離すことができるのかメールのみなのかといった対応方法などを確認し、問題が発生した際にきちんと、そしてスムーズに解決してくれる店舗から購入することが大切です。 こうした店舗の見極めは評判などが記載された口コミサイトなどの情報を参考にすることもできます。しかし、口コミサイトの評判は真偽が定かで無かったり、闇雲にネガティブな内容を書かれていることがありますので口コミサイトなどの評判に加えて、その店舗のWEBサイトを確認し、トップページの最上部など分かりやすい位置に問い合わせるための電話番号が分かりやすく明記されているかどうかであったり、保障内容に関してどれだけ具体的で丁寧に記載されているかなどどれだけ誠実に顧客に向き合おうとしているかを見極めることが有効なのです。